ラフウェアドッグシューズ試着会&ペットミニ防災セミナー 開催報告

10月1日㈯、新高円寺で行いました災害用シューズ試着会&ペット防災ミニセミナーは、遠方からのご参加、ペット業界の方、一般の方々と、各方面からご参加いただき、大盛況で終わりました。

ミニセミナーでは「災害時に考えられるシチュエーション毎の備え」や、緊急避難時に代用できる「普段のお散歩バッグの有効利用」など、オリジナルテキストを基に、具体的かつ現実的なお話をさせていただきました。

昨今頻発する自然災害に伴い、各所で「防災の備え」のリーフレット設置やパネル展示など多数増えています。しかしそれを見たり読んだりするだけで、結構満足してしまう傾向もあります。

ではそこに書いてある「備え」が、本当に自分の家には必要なのか、実際災害時持ち出せるのか、それをひとつひとつ検証する必要があります。

そこで今回、大きいわんちゃんを対象に、備えたいアイテムのひとつのシューズを実際履いてもらい、使用感やサイズ感、性格的な向き不向きなどの確認をしてもらいました。

結果、「やっぱり履きに来て良かった」と、豊富なサイズを用意できるイベントならではの取り組みに、感謝のお言葉もいただきました。これもモンベルさんのご協力があってのことです。

今回、大きい子を連れて着の身着のままで避難する場合、最低持ち出せる物として「普段のお散歩バッグの有効利用」を特に提案させていただきました。意外にも簡単に準備できるもののため、すぐ実践してみたいと皆様思われたようです。

その後のお食事会では、飼い主さん同士情報交換などをされ合い、楽しく歓談されました。

主催者の狙いは「楽しく、かつ、ちょっと真面目に防災を考える」です。そのためにセミナー・試着・食事会の3部構成にいたしました。

「防災を考えることは普段を考えること…」そう信じてやみません。

今後も「ペットたちの命を繋ぐ」ことに対しての、机上の学習ではない、体験型・検証型のセミナーイベントを開催してゆきたいと考えております。

 

イベントの内容はラフウェア公式サイトでも紹介戴きました。参加者の皆様、お足元が悪い中ご来場有難うございました。

 

                                2016年10月2日

                                

                                 ペットシッターコロちゃんち 代表 吉 敬子


  イベント会場   シューズとお散歩バッグの展示       試着風景  サイズが豊富なラフウェアシューズ    店内風景

   試着風景        試着風景       シューズセット    足首を痛めない仕様    会場の看板牛

☆進行がバタバタし、ワンちゃん全員の写真をアップが出来ず、申し訳ありません。